本郷どうぶつ病院

犬アトピー性皮膚炎Canine Atopic Dermatitis

1. 犬アトピー性皮膚炎の知識

2. 犬アトピー性皮膚炎の管理・治療

3. 犬アトピー性皮膚炎のよくある質問

2. 犬アトピー性皮膚炎の管理・治療

免疫抑制薬 -ステロイドを減らすために-

減感作療法の特徴

・有効率 :約70%
・効果発現:遅い
・副作用 :少ない
・費用  :高価

免疫抑制薬とは

免疫は身体の外部から身体を守る大切な機能ですが、アレルギーではその免疫機能が働かなくてもよいものにまで過剰に反応をして症状を出します。そこで免疫抑制薬により、身体の過剰な免疫反応を抑制することで、アレルギー反応を抑えます。免疫を抑えすぎてしまうと、外部からの病原菌に対する抵抗力も低下してしまいますが、アトピー性皮膚炎で使用する場合は適度な量により過剰な抑制がかからないようにしています。

もともとは臓器移植の拒絶反応を抑えるお薬でしたが、低用量で使用することでアトピー性皮膚炎に使用できるというデータが揃い、2005年に犬への使用が認可されました(シクロスポリン・商品名アトピカ)。最近はアレルギー疾患だけではなく、他の免疫疾患の治療で使用されることも増えています。

この薬もステロイドや抗ヒスタミン薬と同じく、症状を抑えるお薬です。

免疫抑制薬の良い点

ステロイドを使用せずに、アトピーの症状を緩和できます。また単独で効果が弱い場合は、少量のステロイドと併用することで、良好なコントロールが可能です。

このお薬自体の副作用もあまりありません。投与開始数日後に一過性の嘔吐が見られることがありますが、自然に治ります。ただし、他の臓器が悪い場合、他のお薬を併用している場合、腫瘍のある場合などは注意が必要です。

免疫抑制薬の欠点

このお薬は比較的高価です。ただし症状が落ち着いてくれば、投与間隔を開けていきますので、使用量は減ります。

また有効かどうかの判定には約1ヶ月かかります。有効率は約70%ですので、1ヶ月飲ませても効果がないという結果になってしまう場合もあります。

免疫抑制薬の使い方

ステロイドが使用しづらい場合や、減らせない場合などは積極的に使用します。また減感作療法やインターフェロン療法に比べて、高齢の症例でも効果が出やすいという個人的な感触があります。ただし高齢の場合は皮膚疾患を含めた他の病気もきちんと除外した上で使用することが鉄則となります。

また近年はジェネリックの薬剤も販売されています。

5. インターフェロン(インタードッグ)へ