HOME > 家庭の獣医学 > 猫の獣医学 > 猫白血病ウイルス感染症(FeLV)

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)

おもな症状

元気・食欲の低下、やせてくるなどの、あまり特徴的でない症状がみられます。
発熱、貧血、血小板減少による止血異常(血が止まりにくくなる)、免疫不全なども起こります。
また、骨髄やリンパの腫瘍になりやすいことも知られています。
子ネコは感染と発症が容易に起こり、死亡率も高くなります。


予防法

完全な予防には、ワクチン接種と感染ネコとの隔離と、両方必要です。他のワクチンと違い、接種だけで予防することができない場合があります。年齢、生活環境により異なりますので、獣医師にご相談下さい。


伝染のしかた

仲の良いネコ同士が毛づくろいをし合ったり、食器を共有するときに、唾液→口・鼻を介して感染します。子ネコの場合は、母ネコからの経胎盤感染や乳汁感染が多いとされています。


家庭での対処

発症してなければ自然に身体がウイルスに打ち勝つこともあります。
ただし、何らかの症状が発生した場合には、長期生存は望めません(多くは2~5年以内に死亡)し、基本的に対症療法しかありません。


他の猫への伝染防止

家の猫が白血病かどうか不明の場合

  1. 全頭の白血病検査を行う。
  2. 陽性の猫と、陰性の猫を完全に隔離し、接触させない。
  3. 陰性猫のみにワクチン接種を行う。
  4. 3ヶ月後に陰性の猫だけ、白血病検査を行う。
  5. もし再度陽性猫が出てきたら、②に戻る。
  6. 陽性が出なくなるまでこれを繰り返し、陽性と陰性を完全に分けて生活させる。

家の猫が全頭が白血病陰性の場合

  1. まず新しい猫の白血病検査を行う。できればワクチン接種も行う。
  2. 3ヶ月間完全に隔離し、他の猫と接触させない。
  3. 3ヶ月後にもう一度白血病検査を行い、陰性なら他の猫と一緒に生活を開始する。

血液検査で陽性とされた猫は、他の猫への感染源となるため、同居猫がいる場合には病気の猫を隔離します。 また、病気の猫や排泄物を触った後は、必ずよく手を洗ってください。

ウイルス自体は強いものではないので、アルコール消毒などで充分です。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス