HOME > 家庭の獣医学 > 猫の獣医学 > 猫ヘルペスウイルス感染症

猫ヘルペスウイルス感染症

※「猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)」とも呼ばれます。


おもな症状

カゼの症状(発熱、鼻水、くしゃみ、よだれなど) と、眼の異常(目ヤニ、結膜炎)

結膜炎はひどくなるとまぶたの裏側から肉がはみ出たようになり、進行すると角膜炎から角膜潰瘍となり、失明する危険や眼球摘出をしなければならない場合があります。特に子猫でひどくなりやすい病気です。

また流産の原因にもなります。


予防法

ワクチン接種が有効で、症状がひどくならずに済む。


伝染のしかた

感染した猫の鼻汁やよだれなどにウイルスが存在しますので、くしゃみなどによる「飛沫感染」をします。

またこのウイルスは、体が回復すると、神経細胞の中に潜伏することが多いことが知られています。つまり、治ったように見えても、ウイルスは体内に隠れているだけなのです。寒さ、ケンカ、妊娠・出産など体に負担がかかると、免疫力が低下し、ウイルスが活動を再開して発病します。


家庭での対処

ワクチンをしていない、免疫がついていないなど感染する可能性のある猫や、以前にこの病気にかかったことのある猫が、カゼの症状や眼の異常を示したら、動物病院に行き検査・治療をします。

体力を落とさないようにすることも回復には非常に重要なので、猫にとって栄養のあるものをきちんと与えます。 寒さにより発症することも多いので、温かい環境で看護することも重要です。また、処方されたお薬は、必ず指示通り与えてください。


他の猫への伝染防止

他の猫への感染を防ぐため、同居猫がいる場合には、病気の猫を隔離します。また、病気の猫や排泄物を触った後は、必ずよく手を洗ってください

同居猫にワクチンをしていなければ、ワクチンを接種します。ただしワクチン効果が現れるまでは約2週間かかるので、その間に伝染する可能性があります。

このウイルスは、ほとんどの消毒薬で効果があります。また体外では、通常の環境であれば約1日で死んでしまいます。よって、あまり消毒に神経質にならなくても大丈夫ですが、他の猫を触ったら手を洗うなどの、通常の衛生管理はきちんとしましょう。


その他

病院で行う治療は、対症療法と支持療法が中心です。患者の回復力が重要です。子猫は特に重症になることがありますので、早めに病院で治療をしましょう。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス