HOME > 家庭の獣医学 > 猫の獣医学 > おしっこが出ない

おしっこが出ない

排尿障害

おしっこが出ない、または出にくい現象を「排尿障害」といいます。家庭で見られる排尿障害の症状を以下に挙げます。

  • 何度もトイレに行く
  • 排尿姿勢をとるがおしっこが出ていない(便秘に見えることも)
  • 苦しそうにおしっこをしている
  • トイレ以外の場所で少量のおしっこをしてしまう
  • 尿の色が赤い
  • 陰部をしきりになめている

早めに病院へ!

以上のような症状が見られた場合、特に男の子では様子を見ないで早めに病院で診察を受けてください。早期治療が大切で、症状の軽いうちの方が早く治りやすいことが多いです。遅れると重度の急性腎不全を起こし、完全閉塞(まったくおしっこが出ない状態)を放置すると72時間以内に死亡します。

これらの症状がみられる病気として代表的なのは、猫の下部尿路疾患(FLUTD)です。 食事環境や生活環境が原因となる場合のほか、原因不明の特発性のこともあります(ウイルス感染が原因との説もあり)。


治療について

病院での治療は、まず膀胱内のおしっこをカテーテルという管や針で抜き、腎不全等があればそれらを治療します。重度や再発性の場合には、手術により人工的に尿の出る穴を作ります。

家庭では、投薬や食事・水分管理、おしっこの観察など、様々な管理が必要となります。また定期的な尿検査も必要となります。手術した場合でも、再発の危険はゼロではありませんので、獣医師の指示に従い厳密な管理をしてください。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス