HOME > 家庭の獣医学 > 猫の獣医学 > 身近にある動物の中毒

身近にある動物の中毒

家庭内にある日用品や食品の中には、動物に重大な中毒を起こす物があります。これらの情報、アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA:The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals)で毎年報告されています。以下に例を挙げますので、注意してください。

人用(飼主用)の医薬品

  • アメリカでは毎年1位、当院でも相談が多い
  • 飼主が勝手に与える、盗み食い、拾い食いなど
  • 鎮痛薬、風邪薬、抗うつ薬、栄養補助食品など
  • アセトアミノフェン:毒性が極めて強く、猫では死亡する
    (「バファリン」「ノーシン」「宇津こども熱さまし」などの解熱鎮痛剤・風邪薬)
  • イブプロフェン:毒性が強く、犬で重度の腎障害を起こす
    (「イブA」「ナロンエース」「ベンザブロックIP」などの解熱鎮痛剤・風邪薬)

   

  • 獣医師の指導なしに動物に医薬品を与えないこと
  • 医薬品の管理は徹底すること

殺虫剤

  • 殺ノミ剤、殺ダニ剤、その他の殺虫剤

   

  • ノミ・ダニの駆除薬は、製品の用量・用法を必ず守ること
  • 薬に特別過敏な体質を持つ動物もいる。そのような場合は使わない

動物用医薬品

  • 非ステロイド系抗炎症薬、フィラリア予防薬、消化管寄生虫駆虫薬、抗生物質、ワクチン、栄養補助食品など
  • 9割以上は飼い主が大量に投与してしまったことが原因(ASPCAの報告より)

   

  • 用量・用法を厳守する
  • ノミ・ダニ予防薬は指定された動物種を守ること

チョコレート

  • チョコレートは大量の脂肪とカフェイン様物質(メチルキサンチン)を含んでいる
  • ブラックチョコレートの方が、有害成分が多い
  • 焼きチョコレートはメチルキサンチンが多く、5kgの犬が50グラム食べると重大な問題を引き起こす
  • 大量に食べた場合:嘔吐、下痢、あえぎ、多飲多尿、異常な活動性が起こる
  • 重症例:不整脈、ふるえ、発作。死亡することもある
  • 解毒剤はない

   

  • チョコレートは与えない

その他の人の食べ物

  • ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニクなどは貧血を起こす
  • ブドウ・レーズンは腎不全を起こす。原因はまだ分かっていない
  • マカダミアン・ナッツは致命的となることがある
  • アボカド(特にグアテマラ産)は心筋障害を起こすことがある

   

  • 人の食べ物を安易に与えない

植物

  • ユリ、アザレア、ツツジ、サゴヤシ、カランコエ、シェフレラなど
  • 特にサゴヤシの実は嘔吐、下痢、沈鬱、発作、肝不全を起こす
  • ユリは猫に極めて有害:少量でも致命的な腎不全を起こす

   

  • 有害な植物に動物を近づけない
  • 有害ではない植物も、軽度の胃障害を起こすことがあるので、かじらせない

殺鼠剤

  • 殺鼠剤の種類と量により、致命的な状況になる
  • 出血、発作、腎臓やその他の臓器の障害が起こる

   

  • 殺鼠剤を置く時は、動物が触れない場所に置くこと

家庭用洗剤

  • 漂白剤、洗剤、消毒剤
  • 胃腸の炎症、口の薬品焼けを起こす
  • 吸入時は気道の炎症を起こす

   

  • 家庭用洗剤や化学薬品は動物が触れない安全な場所に保管する
  • お皿やオモチャなどのペット用品を洗う場合、食器用中性洗剤と温水で洗うのが良い

化学物質

  • 揮発性の石油系製品、アルコール、酸、ガスなど
  • 多種多様な問題を引き起こす(胃腸障害、呼吸困難、薬品焼けなど)

   

  • エチレングリコール不凍液、ペンキ用シンナー、配水管クリーナー、プールや温泉用の薬品に注意

物理的な危険

  • 中毒物質ではないが、身体に有害となり得るもの(首が絞まる、腸が詰まるなど)
  • 首輪や接着テープのようなものから、骨、紙製品など
  • ゴミ袋に顔を突っ込んで、窒息する例も多数あり

   

  • 動物が持っていってしまい、壊して噛み砕き、飲み込んでしまわないように注意すること

本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス