HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 犬のアトピー性皮膚炎 > アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは? -なぜなってしまうの?-

とても多い皮膚病

犬全体の10%(10頭に1頭)はアトピー性皮膚炎があるといわれています。


遺伝的な背景

アトピー性皮膚炎は遺伝的素因があるといわれています。また、日本でアトピー性皮膚炎の発生が多い犬種は以下のとおりです。

  • 柴犬
  • シーズー
  • ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • ゴールデン・レトリバー
  • ラブラドール・レトリバー
  • ミニチュア・ダックスフント
  • フレンチ・ブルドック
  • ビーグル
  • トイ・プードル

いろいろな問題が複雑に絡んだ病気

アトピー性皮膚は、様々な要因が絡み合って初めて発症します。

  • アレルギーの原因物質(アレルゲン)が存在
  • 皮膚のバリア機能(防御力)の低下 → アレルゲンが侵入
  • 侵入したアレルゲンに体が異常な反応を示す(アレルギー体質)

どれが欠けても、つまりどれかが防げれば、アトピー性皮膚炎は発症しません。

ただ、どれも解決することが困難なため、治療も難しいというわけです。総合的に管理して行く必要があります。一つ一つ、検証してみましょう。