HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 犬のアトピー性皮膚炎 > アレルギーの原因はフード?

アレルギーの原因はフード?

皮膚病が起こると、飼主様たちによく聞かれるのが、 「食べ物が原因かしら?」 です。

確かに食べ物(フード、おやつなど)が原因となるアレルギーもありますが、現在の獣医学では原因食材を血液検査などで完璧に診断することはできません。診断法は、「除去食」という特殊なフードを与えて皮膚の反応を見ていきます。「除去食」とは、原因と考えられる物質(主にタンパク質)の入っていない食事で、動物病院で処方します。一般に販売されている低アレルギー食とはコンセプトが全く異なりますので注意してください。


食物アレルギーの診断のためのルール

犬と食事
  • 指示された食べ物と水以外は、絶対に与えない
  • 2ヶ月間続ける

症状が改善したら

もしも、これで状態が良くなれば、あなたのワンちゃんは食物アレルギーである可能性が高いです。これからの食事計画を獣医師とよく相談してください。食事だけで良くなるのであれば、内服薬などは必要ないので副作用などを心配する必要がなくなります。


あまり変化がなかったら

逆に、2ヶ月きちんとやったのに効果がなければ・・・あなたのワンちゃんは食物アレルギーである可能性はとても低いと思われます。他の原因を考えます。したがって食べ物であれこれ悩む必要はありません。

ただし、ジャーキーなどのおやつや人間の食べる物などは、アレルギーでなくても皮膚に悪影響を与えるものもありますので、普段から与えないようにしてください。