HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 熱中症

熱中症

太陽

暑い時期には熱中症が多発します。熱中症とは、自分で体温調節ができなくなり、異常に体温が上昇してしまう状態です。犬はハアハアすることで口から水分とともに熱を逃がし、体温を下げます。人間と違い汗をかけないので、熱中症になりやすいといえます。そして短時間で重症化します。

また、肥満、呼吸器疾患(気管虚脱など)や心臓病などの場合には、さらに熱中症になりやすくなります。

一番重要なのは予防することです。熱中症になりやすい状況をつくらないように注意してください。

熱中症になりやすい状況

  • 高温下で、自動車内に乗せたままにする。(5~10分で熱中症になります。)
  • クーラーの無い部屋で犬だけで放置
  • 炎天下でつなぎっぱなし
  • 暑い日のお散歩や運動(アスファルトによる熱にも注意)
  • 飲み水がない

熱中症の症状

  • 呼吸が荒く、触ると熱い。(体温40℃以上)
  • ぐったりして動けなくなってしまう
  • 呼吸困難、痙攣などの重症症状

熱中症になってしまったら

  • 皮膚を水道水で濡らす。(被毛ではなく地肌をぬらす)
  • ぬれたバスタオルなどを体の上に掛け、扇風機などで風を送る
  • 水を飲ませる
  • すぐに動物病院へ連絡

本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス