HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症

中~高齢のワンちゃんが、吐き出すような咳をする場合、心臓が悪いかもしれません。一度動物病院で診てもらいましょう。


どんな病気

心臓は4つの部屋に分かれ、それぞれ全身や肺からの血管がつながっています。また健康な心臓は、部屋や血管との間に「弁」があり、血流の一方通行を保っています。

僧帽弁閉鎖不全症とは、左心房(肺からの血液が流れ込む部屋)と左心室(全身へつながる大動脈へ血液を送り出す部屋)の間の弁(=僧帽弁)がうまく閉じなくなることで起こる心不全です。中~高齢の犬では発生率の多い病気です。


おもな症状

症状は、吐き出すような咳、疲れやすいなどが良く見られます。進行すると日常的に咳が見られ、さらに進行するとお腹に水がたまったり(腹水)、肺に水がたまって(肺水腫)危険な状態となります。

初期では症状がほとんどない場合もあり、見逃すことも多いです。しかし、初期のうちに発見できれば投薬により、進行を遅らせることができます。

病院では、聴診、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査などを必要に応じて行い診断します。


治療

理想的には外科手術による弁の再形成ですが、動物ではまだ安全な治療法が確立されたとは言えず、一部の大学や施設などで行われているのみで、一般的な治療とはなっていません。

通常は以下のお薬を症状に応じて組み合わせて治療をしていきます。基本的にお薬は一生飲み続ける必要があります。

    (血圧を下げ、心臓の負担を減らす)
  • ACE阻害薬
  • 抗アルドステロン薬
  • 硝酸イソソルビド
  • 塩酸ヒドララジン
    (利尿剤:うっ血を軽減し肺水腫を防ぐ、血圧を下げる)
  • フロセミド、トラセミド
  • 抗アルドステロン薬
  • 硝酸イソソルビド
    (強心剤:心臓のポンプ機能を改善する)
  • ピモベンダン
  • ジゴキシン
    (心臓の形態変化(リモデリング)の改善)
  • 抗アルドステロン薬
  • β遮断薬
    (心拍数を適正にする)
  • ジゴキシン
  • β遮断薬
  • Caチャネル拮抗薬


自宅での管理

激しい運動は避けましょう。また温度変化の少ない環境(屋内)で生活した方がよいでしょう。

利尿剤を投与するとお水を良く飲み、おしっこの量が増えます。ただし飲水制限はせず、おしっこも我慢させすぎないように気をつけましょう。

食事は塩分は厳禁です。心不全の犬では少量でも大きな負担となります。また肥満は心臓に負荷がかかりますので、日頃から体重管理を行うことが重要です。おやつは止めて、食事管理は獣医師に相談しましょう。
投薬中に食欲が落ちた場合は、薬の副作用の可能性もありますので、かかりつけの獣医師にご相談ください。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス