HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 耳のお手入れ

耳のお手入れ

耳洗浄

耳のトラブル(外耳炎など)をおこしやすいワンちゃんは多いと思います。間違ったお手入れによって、悪化させてしまわないように注意してください。


軽い汚れの場合

ティッシュや柔らかい布で、指の届く範囲だけ優しくふき取りましょう。力を入れて、無理にこすってはいけません。


外耳炎などの場合

獣医師に処方された耳道洗浄剤などで、耳道内を洗浄します。洗浄方法は獣医師によく説明してもらいましょう。また、鼓膜に損傷がある場合には使用できませんので、必ず獣医師の診断の上行ってください。炎症がひどい場合には、外用薬や内用薬の追加が必要となります。

また当院ではビデオオトスコープによる検査・治療も行っています。詳しくは「オトスコープの説明ページ」をご覧ください。


綿棒は使わない

犬の耳は鼓膜までが「L字型」になっています。綿棒を使っても耳全体はきれいにできませんし、奥に耳垢を押し込んでしまう可能性があります。また外耳炎の場合、耳の皮膚が弱っていますので、綿棒でこするだけで傷つけてしまうことがあります。

必要な場合は耳専用の洗浄液を使って洗浄します。


シャンプーの時に耳に入らないようにする

シャンプー時に耳に水やシャンプーが入ると、その後炎症を起こす原因となることがあります。顔の付近はタオルなどで拭いてあげるほうが無難です。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス