HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 犬をおうちに迎えたら

犬をおうちに迎えたら

環境の変化に慣れさせる

子犬

犬がやってきたら、まず環境の変化に慣れさせることが重要です。この時期(約1週間)は犬が慣れるまである程度好きにさせましょう。トイレなどのしつけを始めても良いと思いますが、慣れるまでは無理強いしたり、叱ったりしてはいけません。

可愛いのでつい遊びすぎたり、撫ですぎたりしがちですが、疲れやストレスで、病気への抵抗力が落ちてしまい、体調を崩しかねません。特にまだワクチンプログラムが終了していない子犬では注意が必要です。


食事

食事

食事の変化にも気を使います。今まで食べていた食事が急に変わると、お腹をこわしてしまう事があります。できるだけ同じものを与え、変える場合には5~7日かけて少しずつ変えてあげましょう。

人間の食べているものを欲しがっても、絶対に与えてはいけません。


お散歩

お散歩

お散歩は、ワクチンプログラムが終わっていない子犬の場合、獣医師にご相談ください。子犬は伝染病にかかると非常に危険ですが、一方でずっと引きこもりにしてしまうと社会化に失敗してしまい、極端に怖がりになってしまう可能性もあります。病院に行って、できるだけ安全な方法での社会化やお散歩の練習について指導を受けましょう。


ワクチンや体調の変化

ワクチン

ワクチンなどを接種する場合、1週間程度は自宅で体調の変化を観察して、体調が整っていることを確認してから実施した方が良いと思います。体調の変化には十分注意して、「変だな」と思ったら、早めに病院にご相談ください。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス