HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 肥満に注意

肥満に注意

最近のワンちゃんは、小型犬・大型犬にかかわらず、肥満がとても増えています。

肥満の問題点は、

  • 運動能力が低下する → さらに肥満になりやすい
  • 心臓病になりやすい (適正体重の犬の約3倍なりやすい)
  • 糖尿病のリスクが高まる
  • 関節を痛めやすい
  • ダックス・コーギーなどでは、椎間板ヘルニアになりやすくなる
  • 手術時に麻酔のリスクが高まる
肥満

これら以外にも、呼吸器の問題や肝臓病なども引き起こすことがあり、百害あって一利なしです。たまにテレビなどで世界一太った犬や猫が出てきますが、あれは虐待です

よって肥満を予防することは、ワクチンなどと同じぐらいとても大切なことです。将来肥満によって愛犬を病気にしてしまい、かわいそうな状況にしないためにも、肥満は避けましょう。
肥満は「かわいい」ではなく、「かわいそう」という意識をしっかりと持って下さい。

肥満の原因

本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス