HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > フィラリアについて

フィラリアについて

フィラリアとはどんな病気?

フィラリアとは、蚊に刺されることによって伝染する寄生虫です。
親虫は白く細長く、主に心臓に寄生します。心臓に「そうめん」が詰まったようになるため、心臓の働きを邪魔し、様々な症状を引き起こします。

フィラリアの症状

治療法は?

(1)注射で心臓の親虫を殺す
(2)手術で心臓の親虫を摘出する

どちらも副作用や危険をともなう処置となります。
よって、かからないように予防することが重要です


予防方法は?

現在は月1回の投与による予防がメインです。投与時期は以下の条件をもとに決めています。地域の平均気温により、投与時期は異なります。かかりつけの獣医師の指示に従い、予防期間中は忘れずに投与してください。

フィラリアの感染

POINT1 ある程度気温が高くないと、蚊の中にいる子虫は犬に感染できない

フィラリアは血液の中に子虫を生みますが、この子虫は犬の体内では成虫になれず、蚊の体内だけでしか成長できません。蚊がフィラリア感染犬を吸血したときに一緒に蚊のお腹に入ります。やがて、蚊の体内で犬に寄生できる幼虫に成長するのですが、ある程度気温が高くないと成長できないのです。
これらのことより、感染する危険のある蚊が飛んでいる時期を決定し、これを「フィラリアの感染期間」といいます。

POINT2 体内で成長した幼虫に対して、予防薬の効果が出る

幼虫は、蚊が刺したときにできる皮膚の傷に落ちて感染します(直接血管には入りません!)。この幼虫は皮膚~筋肉を通りながら成長を続け、やがて血管内に入ります。
現在の一般的な予防薬は、感染後1~2ヶ月程度成長した筋肉内の幼虫に効果を発揮します。よって、刺された直後に予防薬を与えても、まだ効果の出る幼虫に成長していないので、効果がありません。


予防前になぜ検査が必要なのか?

フィラリア予防薬は、前述の通り筋肉内にいる幼虫に効果を発揮しますが、万一血管内に子虫がいた場合(半年以上前から感染していた場合)、予防薬によるショックを引き起こすことがあります。このような危険を回避するために、投与前には血液中に子虫がいないかどうかの検査が必要となっています。

「去年はきちんとやっていたのに・・・」と思う方も多いと思いますが、飲んだのは飼主さん自身ではなくワンちゃんなのです。万が一見ていない所で薬を出してしまっていたりしたら、予防ができておらず感染してしまい、そのまま予防薬を与えて具合が悪くなることもあります。昨年までの予防がうまくいったかどうかのチェックのための検査です。必ず受けましょう。


健康診断もおすすめします

1年に1度、採血する機会ですので、健康診断のための血液検査を同時に行うこともお勧めします。肝機能や腎機能、血糖値、コレステロールなど必要に応じて測定項目を設定します。当院では、一般的な血液検査であれば15~30分程度で結果が出ます。ご希望の方は、採血前にお伝え下さい。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス