HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 狂犬病とは

狂犬病とは

狂犬病は、犬だけではなく、ヒト、猫などすべての哺乳類が感染する病気です。感染した動物に咬まれることにより、伝染します。犬を飼育した人は、飼い犬に予防接種を受けさせなければなりません(狂犬病予防法)。なぜ、法律で予防が義務付けられるほど、恐れられているのでしょうか。

それは、いったん発病すると、人間でさえも治療が出来ず、悲惨な神経症状に苦しみながら、100%死亡してしまう病気だからです。

日本では1956年を最後に、国内での咬傷事故による狂犬病は発生していません。しかし、世界を見ると、お隣の韓国や中国を含めて、年間数万人が狂犬病で死亡しています。実際に2006年には、海外で犬に咬まれ、日本に帰国後狂犬病を発病し、死亡した例が2件報告されました。

日本が狂犬病を撲滅できたのは、狂犬病予防員の方々の努力や、これまでの飼主様達がきちんと予防接種をうけて下さったことによるものです。(狂犬病予防員の中には、狂犬病で命を落とした方もいます。)

多くの人や犬の犠牲の元に、ようやく手に入れた「狂犬病の清浄国」です。これらの犠牲を無駄にしないためにも、狂犬病予防は必ず行ってください。

(世界の狂犬病発生状況:厚生労働省健康局結核感染症課の資料より)

狂犬病発生状況

本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス