HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 狂犬病予防注射は副作用が恐い?

狂犬病予防注射は副作用が恐い?

このことは決してウソではありません。ただし、狂犬病のワクチンだけが副作用が強いというわけではありません。どんなワクチンにも副作用があると考えなければなりません。

ワクチンを行うかどうか考える場合、「副作用の確率」と「接種しなかったときの健康上の障害」を天秤にかけます。 もちろん狂犬病の場合、「接種しなかったときの健康上の障害」の方がはるかに大きいために、接種する必要があると言えます。

確かに狂犬病の場合、年間に何頭かの副作用および死亡例が報告されていますが、接種頭数が多いために、副作用の頭数も多くなるのです。確率からいえば、混合ワクチンの方が副作用の率は高いといえます。

犬を飼うと決めた以上、「狂犬病の予防接種は副作用があるかもしれないが、やらなければならない」 と覚悟してください。

ただし、副作用の可能性をなるべく低くするために、健康状態の良い時に接種すべきです。 そのためには、なるべくかかりつけの病院で、健康診断をしてもらってから、接種するのが良いでしょう。また、接種した後1~2日は安静にして、様子をよく観察してください。 何か異常があれば、すぐに動物病院にご相談ください。

ちなみに、長野市近郊で狂犬病予防の集合注射を実施している獣医師は、狂犬病ワクチン(もちろん人間用です)の接種を受けています。 これも、「副作用」と「狂犬病が発生したときの最前線に立つ獣医師自身の危険」を天秤にかけた上で、接種することに決めたのです。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス