HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > 犬の混合ワクチン

犬の混合ワクチン

犬の混合ワクチンとは

ワンちゃん、特に子犬の時期に最も警戒しなければいけないものが、「伝染病」です。 子犬は体力がないため、症状が重くなりやすく、命を落とすことも少なくありません。 この「伝染病」から子犬を守るためには、ワクチン接種が必要です。狂犬病の予防注射とは違います。

ワクチンとは、病気を寄せ付けなくするものではなく、体内に入った病原体に対して、体がすばやく撃退できるようにする注射です。 つまり、ワクチンを接種した子がまったく病気にかからないのではなく、かかったとしても軽症で済み、命を落とすことが防げるというものです。


どんなワクチンを使うべきか

現在は、複数のワクチンがミックスされている「混合ワクチン」が主に用いられています。 含まれているワクチンは以下のものです。 それぞれの病気の説明は、病名をクリックしてください。 ◎は感染力が強く、命を落とす危険のある病気のため、「コア・ワクチン」と呼ばれ、必ず接種すべきワクチンです。コアワクチン以外の病気に関しては、その飼主様と愛犬の生活圏における病気の発生・蔓延状況により決める必要があります。かかりつけの獣医師にご相談ください。

  ◎ パルボウイルス
  ◎ ジステンパーウイルス
  ◎ アデノウイルス・・・・・(2タイプあり)

  ○ パラインフルエンザ
  ○ コロナウイルス
  ○ レプトスピラ・・・・・(3タイプあり)

これらの組み合わせにより、5種混合、6種混合、8種混合、9種混合などがあります。 アデノウイルスは2タイプ、レプトスピラは3タイプあるので、上記の組み合わせで最大9種になります。 例えば5種混合とは、パルボ、ジステンパー、アデノ(2タイプ)、パラインフルエンザです。


いつ接種するのか?

以下のプログラムが一般的です。ただし副作用の可能性をなるべく低くするために、健康状態の良い時に接種すべきです。また、接種した後1~2日は安静にして、様子をよく観察してください。 何か異常があれば、すぐに動物病院にご相談ください。

  子犬:6~8週齢で1回、4週後にもう1回の計2回。
  成犬:1年に1回


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス