HOME > 家庭の獣医学 > 犬の獣医学 > ワクチンは3年に1回で良い?

ワクチンは3年に1回で良い?

近年、インターネットサイトなどでも「ワクチンは3年に1回で良い」という主張が時々見ることがあります。これは決して間違いではありませんが、全ての犬に当てはまるものではありません。飼主様は自分の犬に適しているのかどうかを冷静に判断する必要があります。


「3年に1回」の根拠

「3年に1回」は世界的な「犬のワクチネーションガイドライン」に基づくものです。いくつかポイントがありますので解説いたします。

1つ目のポイントは、「コアワクチン」と「ノンコアワクチン」という考え方です。ガイドラインでは、コアワクチンとしてパルボウイルス、ジステンパーウイルス、アデノウイルス、狂犬病ウイルスを含み、その他の疾患(パラインフルエンザ、レプトスピラなど)をノンコアワクチンとしてます。

2つ目のポイントは、ワクチンの接種間隔です。病気の種類によってワクチン効果の持続期間が異なりますので、それぞれに合わせた接種方法を推奨しています。

そして注意点は、ガイドラインというのはその通りにやらなければ間違いというものではありません。あくまで基本方針であり、ワクチンの接種間隔はそれぞれの動物のニーズや病気の発生状況を考慮すべきで、全ての犬にこのガイドラインを推奨しているものではないということです。


コアワクチンとは

コアワクチンとは、以下の一つでも満たすものとされ、すべての犬に接種すべきワクチンのことです。

  • 感染の結果、死につながる怖い病気である(パルボ、ジステンパーなど)
  • 人獣共通感染症であり、人の健康に重大な被害を及ぼす可能性がある(狂犬病)
  • 広く流行しており、多くの動物に被害を与える可能性がある(猫のヘルペス、カリシなど)

一方、ノンコアワクチンとはその動物の飼育環境や病気の流行状況によって接種を決めるべきワクチンとされています。(レプトスピラ、猫白血病など)

一般の方の誤解として、「日本は狂犬病の清浄国なので、狂犬病ワクチンはノンコアだ」というのがありますが、これは上記の定義からは正しくありません。ただし清浄国であるために、ワクチンによる発症の危険がない不活化ワクチンを使用しています。


ワクチン効果の持続期間とリスク

複数の研究で、パルボウイルス、ジステンパーウイルス、アデノウイルスは3年は効果が持続するであろうとされています。一方、レプトスピラは1年持たないというデータがあります。

ただし、これらは一定の生活環境におけるデータであり、様々な環境要因やストレス、そして病原体の存在もまちまちであるフィールド(一般の社会)とは異なる場合があるという点は考慮されなければなりません。


日本の状況

日本では、残念ながら動物の店頭生態販売が一般的です。それも、子犬のワクチン接種プログラムが完了していない、つまりまだ伝染病を防御する力がない子犬が、一つの施設に集められて販売されています。これは伝染病予防の見地からはとても危険な事で、実際に伝染病にかかった犬の割合では新規購入した子犬が圧倒的に多く、これらの子犬たちが社会に伝染病をさらに拡散している事も事実です。アメリカでは生態販売は一般的に行われておらず、通常ワクチンや去勢・避妊した状態で新しい家族となります。

また、ワクチンの接種率もアメリカよりも低く、伝染病の蔓延を予防できているとは言えません。

このような違いを無視して、世界のガイドラインをそのまま日本に当てはめるのは、少々危険であると考えています。

現在日本国内で認可されているワクチンは、成犬では1年に1回の投与を推奨していますので、当院でも現時点では1年に1回としています。過去にワクチンによる有害作用が見られた場合や、1年に1回接種するのが不安な場合などは、現時点でのワクチンの効果を判定する血液検査(抗体価)も実施することが可能ですので、抗体価を見た上で客観的に今ワクチンを接する必要があるかどうかを判断し、接種時期を決定することも行っております。


冷静な判断を

インターネットサイト等で見られる一般の方の意見は、都合のよい一面だけを取り上げたり、都合よく解釈してしまうことがあります(これは専門家ではないので仕方のないことです)。ガイドラインはあくまでガイドラインであり、獣医師と飼主が相談しながら決めるべきであるとしています。情報の発信者の本来の意図を外れて解釈しないよう、「獣医の儲けのためだ」というようなセンセーショナルな言葉に惑わされずに、多角的で冷静な判断が必要です。


(参考文献)
The World Small Animal Veterinary Association (WSAVA) : 2010 Guidelines for the Vaccination of Dogs and Cats.
Stephen,J.B., Robert G.S.(2005) : Saunders Manual of Small Animal Practice, 3rd ed, W.B.Saunders.
Richard W.Nelson., C.Guillermo Couto(2008) : Small Animal Internal Medicine, 4th ed, Mosby.
American Animal Hospital Association (AAHA) : 2006 AAHA Canine Vaccine Guidelines, http://www.aahanet.org/
Richard B.F. : Vaccines & Vaccination, A reference website for veterinarians, http://www.dvmvac.com/
辻本元ほか (2004) : 特集 ワクチン. Journal of Small Animal Medicine, 6(1),インターズー.


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス