HOME > 家庭の獣医学 > その他 > なぜノーリードはいけないのか?

なぜノーリードはいけないのか?

「大丈夫だろう」は思い込み

リード

公園などで犬を散歩する場合、リードを外したくなります。特に

  • うちの犬はしつけができている
  • うちの犬はおとなしい

と思っている方は、特にそうだと思います。ただ、考えてください。これは犬を飼っている人の、勝手な思い込みです。


相手の立場になって考えましょう

犬を飼っていない人、小さな子供を連れている人、犬嫌いな人。そういった人達にとっては、公園で犬が放たれていると、「こわい」と思うでしょう。

徹底的に訓練されている土佐犬が公園でノーリードでいたら、あなたは近づきますか?
ものすごく調教されているライオンが、公園で何も着けずにいたらどう感じますか。

実際、長野市の公園は一部の公園を除いて、犬の立ち入りすら禁止されています。これはこれまで飼主側が、マナーを守っていなかった結果とも言えます(糞尿の処理ももちろん含まれます)。

一部の人たちだけがマナーを守っていても、社会は動かせません。周りの人たち、社会全体がどう感じるかをきちんと考え、マナーとして守りましょう。


愛犬を守るリード・・・多発するノーリードの事故

また、ノーリードで散歩している最中に事故にあうケースがよくあります。多くの場合、命を落としたり、重大な後遺症が残ります。

「たまたま、飛び出してしまった。」とよく言われます。違います。今までがたまたま飛び出さなかっただけです。

この時、飼主は「轢かれた」「運転手は逃げてしまった」と言います。ただし、この事故はリードを着けていれば起きなかったはずです。被害者は動物なのです。飼主は決して被害者ではありません。加害者と同じです。

あなたの愛犬を守るためにも、必ずリードを着けてあげてください。のびのび遊ばせたければ、「ドッグラン」があるのですから。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス