HOME > 家庭の獣医学 > その他 > ケガをした場合

ケガをした場合

どの場合も、応急処置の後は病院へ行きましょう。早い段階に治療を受けた方が、治りは早いです。

また、痛みのあるところを触ろうとすると、普段おとなしい子でも、攻撃行動にでてしまうことがありますので、注意してください。


切り傷、咬み傷

傷口をよく水洗いします(水道水でOK)。消毒薬はほとんど意味がありません。

放っておくと化膿しますので、応急処置の後はすぐに病院に行きましょう。特に咬み傷は、傷口が小さくても皮膚の下で大きく化膿します。ひどくなってしまった場合には、手術が必要となります。


交通事故

見た目に外傷がなくても、内部に大きなダメージを負っていることがあります。すぐに病院で詳しい検査をしてもらいましょう。


落下事故

子犬や小型犬の場合、抱っこから落ちてしまっても骨折してしまうことがあります。マンションなどの高所からの落下では、膀胱などの内臓を損傷することもあります。手術が必要となることがありますので、病院で見てもらいます。


本郷どうぶつ病院

(受付時間)
9:00-11:30 / 16:00-18:30
休診:水曜日

TEL:026-241-7576
FAX:026-241-7641

〒380-0803
長野県長野市三輪9-7-9

交通アクセス